岩砂漠の国ヨルダンを旅する

エジプトの北部にあるヨルダンは、死海があることでも有名です。岩砂漠に囲まれた街中には、敬虔なイスラム教徒がお祈りをしている姿を見かけます。世界的にも有名な世界遺産であるペトラ遺跡を観光する拠点は、遺跡から3kmほど離れた場所にあるワディ・ムーサという街が便利です。ワディ・ムーサは坂が多い街ですが、夕方になると街全体の色合いと家々の灯りが何とも言えず幻想的になります。治安も良く、夜に外食に出かけても特に問題はありません。岩砂漠の国であるヨルダンは乾燥していて日中の陽射しはきつく気温もかなり高くなりますが、陰に入ったり日が沈むと一気に涼しくなりますので、暑い季節でも一応長袖を用意しておいた方が良いでしょう。

ペトラ観光は体力勝負?!

ペトラ遺跡を観光するには岩砂漠の中を何時間も歩くことになります。遺跡の入口を通過してから最初目的地であるエル・ハズネまでは約30分の道のり。入口からしばらく歩くと、大きな岩壁が姿を現し、岩壁と岩壁の隙間を歩いて先に進みますと。この辺りから有名な「インディジョーンズ最後の聖戦」のワンシーンを思い浮かべてしまいますね。ひたすら歩き続けて岩壁の道が終わる頃に、ガイドブックなどでも有名なエル・ハズネが姿を現します。しかし、ペトラ観光の本番はここから。入口からエル・ハズネまでの道は平たんな道でしたが、ここから最終目的地であるエド・ディルまでの約2時間は岩砂漠を登ったり降りたりもするトレッキング状態になります。脱水症状に気を付けて水分補給をしながら観光することをお勧めします。